ぬりかえDr.のキャラクター、ぬりかえDr.くんが、皆さんのお役に立つ塗装・塗料の情報をご紹介!

月刊 ぬりかえDr.コラム

ブロック塀の塗り替えには注意が必要

投稿日時:2022/10/01(土) 07:30rss

実はDIYだと難しいブロック塀の塗り替え
こんにちは!ぬりかえDr.くんです。
一戸建て住宅でよく見かけるブロック塀、「自分で塗り替えてみようかな」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、ブロック塀の塗り替えDIYを行った結果、長持ちせず結果的に余分な費用がかかった…というケースが少なくありません。なぜブロック塀の塗り替えは難しいのでしょうか。今回は、ブロック塀の塗り替えについてご紹介します。


ブロック塀はブロックを積み上げた塀なので動く
お客様からのご依頼で現地調査にうかがうと、ブロック塀の塗装面に膨れや剥がれを見つけることがよくあります。ブロック塀は地面に埋まっているため、常に地面から水を吸い上げている状態のため、水分がブロックの塗膜内部に入り込み、空気を通さない塗膜に膨れや剥がれが発生してしますのです。

また、モルタルを接着剤代わりにしてブロックを積み上げているだけですから、地震などの揺れや何かしらの衝撃でズレて塗装がひび割れることがあります。ひび割れを隠そうとして弾性塗料や微弾性フィラーを塗ってしまうとさらに空気を通さなくなり、前述したように塗装が膨れや剥がれが起こり、余計に悪化させてしまうのです。


膨れがある塗面はすべて除去して塗り替える
対処策としては、膨れや剥がれがあるブロック塀の空気を通さない塗装を下地からすべて剥がし、高圧洗浄などでブロック塀をキレイにしてから、通気性が高い塗料で塗装するようにしましょう。空気を通さない旧塗膜を残したまま上から通気性が高い塗料を塗っても必ず再発しますので、この手間を省くことは無いようして下さい。


塗装が長持ちするブロック塀の塗装方法
ブロック塀に膨れや剥がれができにくくする防止策としては、まず足もとの10~15cm程度は塗装せずに巾木を取り付けます。こうすることで吸い上げた水分を巾木部分から排出するので、塗装が剥がれにくくなります。

阪神佐藤興産では、ご自宅をはじめとした建物の外壁ぬりかえ塗装をはじめ、ブロック塀や内装の塗り替え、改装全般に関するあらゆるご相談をお受けしています。阪神佐藤興産までお気軽にご相談くださいませ。

マイスターコラムカテゴリー

施工対応エリアマップ
施工対応エリア
  • 神戸エリア
    神戸市
  • 阪神エリア
    尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、川西市、宝塚市、三田市、川辺郡猪名川町
  • 北摂エリア
    池田市、豊中市、箕面市、吹田市、茨木市、高槻市、摂津市、枚方市
  • 大阪エリア
    大阪市
  • お客様に選ばれるのは3つの理由があります
    施工価格・プランのご案内
    ぬりかえリフォームの「いろは」
    資料請求:失敗しないぬりかえリフォーム