ぬりかえDr.のキャラクター、ぬりかえDr.くんが、皆さんのお役に立つ塗装・塗料の情報をご紹介!

月刊 ぬりかえDr.コラム

外壁のクラックからの雨漏りに注意しよう

投稿日時:2022/09/01(木) 07:30rss

気がつけばできている外壁のクラック
こんにちは!ぬりかえDr.くんです。
一戸建てにお住まいの方は、定期的な外壁メンテナンスを行うことが必要です。特に壁面にクラック(ひび割れ)が生じてしまうと、雨漏りにつながります。また、小さくて細いクラックの場合は気づかず放置してしまうケースも少なくありません。今回は戸建て壁面のクラックによる雨漏りについてご紹介します。


クラックの多くが雨漏りの原因になり得る
外壁は、紫外線や熱、雨風、振動など、厳しい環境に日夜晒されているため、気づくとクラックが発生していることがあります。雨漏りは屋根の不具合から起こるだけでなく、外壁のクラックから水が入り込んで発生することがありますので注意が必要です。また、出窓上の天板に穴が開くことで水が染みこんだり、出窓と外壁の接合部の隙間から水が染みこんで雨漏りにつながるケースもありますので、特に出窓周辺は注意しましょう。
長さ10cmのクラックを発見したら、たいていの場合雨漏りが起こっています。小さなクラックは構造上問題ありませんが、放置すると大きなクラックへと広がっていく可能性がありますので、小さくてもクラックを発見したら即時処置が基本です。時間が経過するごとに状況は深刻になり、家屋へのダメージもどんどん大きくなっていきます。


専門業者による定期的な点検を
脚立に乗ってご自身の目視で確認することも有効な予防策ですが、外壁表面の模様などによりクラックが見つかりにくいことが多いため、定期的に専門業者に依頼して点検することをおすすめします。点検費用は掛かりますが、大きなクラックが入った後の修理費用を考えると、定期的に点検してクラックを発見次第処置をしていく方が、トータルコストは安く済むでしょう。また、一度クラックを補修してもまた補修箇所にクラックができることがあります。そうした事態に対応するためにも定期的な点検をおすすめします。


下塗り前にプライマーを塗ってクラックを予防する方法も
こうした雨漏りを防ぐひとつの方法として、モルタル仕上げの木造住宅の場合は下地材の上にプライマーを塗り、その上から弾性塗料などで塗装する方法があります。「プライマー塗布→塗装下塗り→塗装中塗り→塗装上塗り」と言う具合に、通常3度塗りのところを4度塗りにすることで、外壁の塗装面クラックによる雨漏りをある程度は防ぐことができるでしょう。

阪神佐藤興産では、ご自宅をはじめとした建物の外壁ぬりかえ塗装をはじめ、建物の外壁クラックの補修、改装全般に関するあらゆるご相談をお受けしています。お気軽に阪神佐藤興産までお気軽にご相談ください。

マイスターコラムカテゴリー

施工対応エリアマップ
施工対応エリア
  • 神戸エリア
    神戸市
  • 阪神エリア
    尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、川西市、宝塚市、三田市、川辺郡猪名川町
  • 北摂エリア
    池田市、豊中市、箕面市、吹田市、茨木市、高槻市、摂津市、枚方市
  • 大阪エリア
    大阪市
  • お客様に選ばれるのは3つの理由があります
    施工価格・プランのご案内
    ぬりかえリフォームの「いろは」
    資料請求:失敗しないぬりかえリフォーム