ぬりかえDr.のキャラクター、ぬりかえDr.くんが、皆さんのお役に立つ塗装・塗料の情報をご紹介!

月刊 ぬりかえDr.コラム

どんな住宅も雨漏りに注意!

投稿日時:2020/01/04(土) 09:00rss

雨漏りはすぐ側にある危機
こんにちは! ぬりかえDr.くんです。近年、新築・築古を問わず、住宅の雨漏り修理のご相談が増えています。どんな住宅も雨や水による不具合は起こる可能性があります。今回は、雨漏りや雨水の建物への侵入に関してご紹介します。


新築の建物でも油断禁物!
「新築の建物だから雨漏りなんて関係ない」と考えておられる方が多いでしょう。しかしながら、さまざまな修理の現場やご相談をうかがっていると、その考えが間違っていることに気づかされます。
先日、2年ほど前にご自宅を新築されたお客様からご相談がありました。まだ2年しか経っていないのに雨漏りがするというのです。通常ならありえない話ですが、実際にご自宅におうかがいしてみると、窓枠付近から水が浸入しているのがすぐにわかるほど、雨水が壁紙の上を流れた後がありました。もちろん強い台風による大雨などの場合は、冠水した水や横なぐりの雨がサッシのすき間から侵入してくるケースはありますが、今回は普通の雨でも侵入してくるようです。
窓のサッシ周辺をよ~く見ると、目地部分のシール(コーキング)が打たれていないことに気づきました。どうやら新築工事の際に、窓枠部分にシール材を打設するのを忘れていたようで、この状態では雨漏りするのも当然です。「こんなことを忘れるの?」と思いますが、紛れもなく忘れられていました。
完成品を購入する建売住宅でも、きちんと工事されていると思い込まずに、きちんとチェックしましょう。特にサッシ周辺は防水シートがきちんとサッシまでとどいていないケースもあります。サッシ周辺は念入りにチェックしましょう。


築古は修理費用が高額な場合も!
新築でも雨漏りは要注意ですが、築古住宅ではさらに注意が必要です。
一戸建住宅には、瓦屋根をはじめとするさまざまな種類の屋根がありますが、屋根の種類によって雨漏りの仕方も異なります。瓦のズレやスレートのサビなど、屋根の資材によってチェックするポイントはさまざま。しかしながら、すべての雨漏りに言えることがあります。それは『築古住宅の雨漏り修理は高額な費用が掛かる』ということ。屋根が瓦だと10万円から100万円程度、広さによってはそれ以上の価格になることもあります。中には300万円というケースもあるようです!でも、雨漏りなら修理しないわけにはいきませんし、ちょっと恐ろしいですね。


壁や天井のシミをチェックせよ!
雨漏りの有無は、長年住んでいるご自宅ならすぐにわかるでしょう。しかし、購入前や引っ越してすぐの時は分かりません。それでも目で見て分かるサインは必ずあります。一番わかりやすいのが天井や壁に現れるシミです。雨漏りによるシミの場合、真っ先に天井に雨染みが表れます。雨染みが出ても放置していると、天井板の木がブヨブヨしてたわんできます。
壁なら天井から「だら~」っと雨染みが広がります。この場合は、壁自体の劣化とクロスの接着剤の粘着力も弱まり、壁紙がベロンと剥がれてきます。そうなると修理にも時間と手間が掛かり、費用も高額になってしまいます。雨染みに気づいたらすぐに業者に連絡して修理することをおすすめします。


放置すると住めなくなることも!
雨漏りはどんなお住まいにも起こりうる可能性があります。大切なことは、気がついたらすぐに業者に連絡して修理するようにしましょう。放置するのは良くありません。木造住宅でも鉄筋コンクリートのマンションでも、雨水の侵入は建物を激しく傷めます。最悪の場合は腐食が進んで倒壊の危険が発生し、住めなくなって家を離れなければならなくなることも。たかが雨漏りと油断せず、兆候を見つけた時はすぐに信頼できる業者に確認してもらいましょう。

阪神佐藤興産では、ご自宅をはじめとした建物の外壁ぬりかえ塗装はもちろんのこと、リフォームや修理など、建物に関するあらゆるご相談をお受けしています。もしお客さまが大阪や神戸といった関西圏にお住まいで、外壁塗り替えなどをご検討の場合は、阪神佐藤興産までお気軽にご相談ください。

 

施工対応エリアマップ
施工対応エリア
  • 神戸エリア
    神戸市
  • 阪神エリア
    尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、川西市、宝塚市、三田市、川辺郡猪名川町
  • 北摂エリア
    池田市、豊中市、箕面市、吹田市、茨木市、高槻市、摂津市、枚方市
  • 大阪エリア
    大阪市
  • お客様に選ばれるのは3つの理由があります
    施工価格・プランのご案内
    1時間で実感!施工実績見学ツアー
    資料請求:失敗しないぬりかえリフォーム