• ホーム
  • 月刊 ぬりかえDr.コラム

ぬりかえDr.のキャラクター、ぬりかえDr.くんが、皆さんのお役に立つ塗装・塗料の情報をご紹介!

月刊 ぬりかえDr.コラム

安全なクラックと危険なクラック

投稿日時:2019/07/01(月) 06:00

築浅クラックは建物の不具合?
こんにちは! ぬりかえDr.くんです。
念願の新居を建てた方、自社ビルや新工場を建てた方、建てたばかりの建物にクラックが入っていたらどうしますか?今回はクラックについてご紹介していきます。
まず最初に、クラックとは外壁部分にひび割れが生じる現象です。クラックに対する対応を考える上で大切なのは、「ひび割れの幅」と「クラックの種類」をしっかりと確認することです。外壁にクラックを見つけると「手抜き工事をされた?」「欠陥住宅を掴まされた?」と思う人も少なくないでしょう。結論を言うと、クラックはモルタルという材料の特性上、避けることができない現象なのです。


ヘアークラックは問題なし!経過観察でOK!
クラックはモルタルが乾燥する過程で発生したり、下地木材の変動によるものだったり、さまざまな原因で発生します。一般的に「ヘアークラック」と呼ばれる幅0.3mm以下のクラックは、塗膜だけがヒビ割れた状態であることが多く、基本的に問題ありません。ヘアークラックは築後2年目ぐらいに発生しますが、定期的にひび割れが進行していないか経過観察していけばOKです。
あまりに小さなヘアークラックを修理しても逆に見栄えが悪くなり後悔することもありますので、補修を行う場合は、しっかり検討することをおすすめします。


乾燥クラックは増殖が怖いが問題なし!
外壁材としてモルタルを使った建物は、モルタルが乾燥していく過程でひび割れが発生します。これは水分蒸発などにより、外壁に収縮が生じるためです。しかしながら、乾燥クラックも建物の構造にすぐ悪影響があるわけではありません。定期的に経過観察していけばOKです。
ただ、乾燥クラックは放置しているとひび割れがどんどん増殖していきます。とにかく不安になりますがしばらくは我慢です。大規模改修や外壁再塗装などの際に、まとめて検討するようにしましょう。


構造クラックは要注意!すぐに手を打つ必要あり!
ひび割れの幅が0.3~5mm以上の場合は、構造クラックを疑いましょう。構造クラックは、その名の通り建物の構造上の問題や不同沈下などが原因で発生します。また、地震などによって生じた大きなヒビ割れも構造クラックです。
構造クラックが発生している場合、放置すると基礎コンクリート内部に雨水が侵入し、コンクリートの劣化を早めます。さらに、基礎にある鉄筋部分まで水分が到達すると、鉄筋が錆びたり爆裂することもあり、構造的なダメージが非常に大きくなってしまいます。
対応としては、クラックの幅や長さにより補修剤や段取りは異なりますが、発生したひび割れを埋める作業を行います。補修せずに放置すると、美観を損なうのはもちろんのこと、雨漏りやカビ発生、さらには建物自体の堅牢性が毀損されることも少なくありません。迅速に対応しましょう。

阪神佐藤興産では、ご自宅をはじめとした建物の外壁塗装はもちろんのこと、建物の補修やメンテナンスなど、建物に関するあらゆるご相談をお受けしています。もしお客さまが大阪や神戸といった関西圏にお住まいで、建物のメンテナンスや外壁塗り替えをご検討の場合は、阪神佐藤興産までお気軽にご相談ください。

台風やゲリラ豪雨シーズン前にやるべき掃除

投稿日時:2019/06/01(土) 06:00

大雨前にやっておくべき掃除がある
こんにちは! ぬりかえDr.くんです。梅雨が明けると暑い夏。台風による大雨やゲリラ豪雨による急激な大雨に見舞われるシーズンがやってきます。そんな時期に備えて、大切な家や建物を守るためにやっておくべき掃除についてご紹介します。


雨樋(あまどい)の清掃を!
ぜひチェックするべきなのは雨樋です。もし、何年も雨樋の掃除をしたことが無いようなら、今すぐ掃除することをおすすめします。
まずは軒樋から。軒樋とは屋根面を流れる雨水を集める役目があります。この部分は上が開いているので、風で飛ばされてきた落ち葉やゴミ、土ぼこりが積もっていることがあります。落ち葉やゴミが積もって雨樋を塞ぐと、大雨の日に雨水が軒樋からあふれてしまい、建物の周囲のあらゆる場所に大量の雨水が降り注ぐことになり、基礎などを傷めてしまう原因となります。結果、浸水や雨漏り、さらにはシロアリ被害のリスクも増大するでしょう。


雨樋で最も清掃の必要があるのは落とし口
縦樋は周囲からゴミや落ち葉が入ることはありませんが、縦樋の最上端部分にある落とし口部分が最も要注意な部分です。落とし口に落ち葉や土ぼこりが堆積していると、縦樋に雨水を排水できません。建物のそばに広葉樹を植えている場合は、毎年の掃除が必要ですし、近くに木がなくても風で飛ばされてきたものが堆積している可能性は十分にあります。必ずチェックして掃除しましょう。


落ち葉の堆積をブロックするグッズも!
雨樋のあふれやつまりの原因となる落ち葉。この落ち葉を雨樋に入れないように軒樋にネットを被せて落ち葉の侵入を防ぐ「落ち葉よけネット」といわれるグッズもあります。しかしながら、広葉樹の場合は腐敗して柔らかくなり、ネットの下の雨樋に落ちたり、ホコリが堆積することは防げません。落ち葉よけネットがない場合よりは掃除の回数は少なく出来ますが、やはり定期的な掃除が必要です。
最近では「落ち葉よけシート」なるものがホームセンターなどで売られています。凹凸がある樹脂製のシートを丸めて軒樋の上に設置するグッズです。雨水はシートの凹凸を流れて雨樋の中に入り、落ち葉は凹凸に引っかかり樋の中には入りません。しかも樹脂製のため、ハサミで簡単に樋の長さに合わせてカットすることができます。施工も丸めての軒樋に入れるだけ。はしごさえあればDIYで設置することも十分に可能でしょう。

阪神佐藤興産では、ご自宅をはじめとした建物の外壁塗装はもちろんのこと、リフォームや建物のメンテナンスなど、建物に関するあらゆるご相談をお受けしています。もしお客さまが大阪や神戸といった関西圏にお住まいで、建物のリフォームや外壁塗り替えをご検討の場合は、阪神佐藤興産までお気軽にご相談ください。

 

施工対応エリアマップ
施工対応エリア
  • 神戸エリア
    神戸市
  • 阪神エリア
    尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、川西市、宝塚市、三田市、川辺郡猪名川町
  • 北摂エリア
    池田市、豊中市、箕面市、吹田市、茨木市、高槻市、摂津市、枚方市
  • 大阪エリア
    大阪市
  • お客様に選ばれるのは3つの理由があります
    施工価格・プランのご案内
    1時間で実感!施工実績見学ツアー
    資料請求:失敗しないぬりかえリフォーム